厚生労働科学研究 岩手県被災地の健康ねっと

平成24年度厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)
「岩手県における東日本大震災被災者の支援を目的とした大規模コホート研究」

健康調査でわかったこと

睡眠の状況

アテネ不眠尺度とは、世界保健機関(WHO)が中心になって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が作成した尺度で、4点から5点で不眠症予備軍、6点以上で不眠症の可能性が高くなります。

今回の調査結果では、アテネ不眠尺度による睡眠障害のある者の割合は改善していました。しかし、仮設住宅の住民では非仮設住宅の住民に比べ有所見者の割合が高くなっていました。
また、睡眠障害は健康状態、失業、経済状況、転居回数と密接に関連していました。

性別アテネ不眠尺度(AIS)得点分布の変化

017_ais

居住別アテネ不眠尺度(AIS)得点分布の変化

018_ais

健康状態別2012年度アテネ不眠尺度(AIS)得点分布

019_ais

失業の有無別2012年度アテネ不眠尺度(AIS)得点分布

020_ais

経済状況別2012年度アテネ不眠尺度(AIS)得点分布

021_ais

移動回数別2012年度アテネ不眠尺度(AIS)得点分布

022_ais