厚生労働科学研究 岩手県被災地の健康ねっと

平成24年度厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)
「岩手県における東日本大震災被災者の支援を目的とした大規模コホート研究」

お知らせ

2015.12.16
保存血清でのコルチゾ-ル測定のお願い
2013.10.04
健康調査でわかったことを更新しました。
2013.03.15
Webサイトを公開しました

このサイトについて

 東日本大震災は甚大な被害をもたらし、被災地の復興は遅々とした状況で、被災地の皆様の潜在的な不安が健康面に及ぼす影響は依然として解消されていません。
 岩手医科大学は、急性期より独自に被災地の皆様の健康調査を行い、それを発展させた形で、「東日本大震災被災者の健康状態等に関する調査研究」(厚生労働省科学研究費補助金事業)を継続して行っています。

 この研究は、①被災者への適切な健康管理の実施、②今後の重大災害時の健康支援のあり方の検討を大きな目的として、長期にわたり調査を行うものです。
 本研究を通じて、被災地の皆様の健康状況を発信し、健康状態の改善につなげることにより継続した被災地支援を行い、今後の重大災害に向けた対応にも資するよう研究を進めたいと思います。

研究代表者 岩手医科大学医学部長 小林誠一郎